電気工事士試験とは

電気工事士試験


資格試験の中で、電気工事関係の技術的な資格試験といえば、電気工事士試験です。


電気工事士とは、電気工事士法により定められた資格です。電気工事は、工事のミスによって感電事故や火災事故が起きかねないものです。それらを防ぐために、工事の内容によって電気工事士の資格のある者しか作業できないと法令では定められています。


電気工事士には、第一種電気工事士第二種電気工事士があります。その他に認定電気工事従事者といった資格もあります。


第二種電気工事士は、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の電気工事ができます。第一種電気工事士は、第二種電気工事士の範囲プラス500キロワット未満の需要設備の電気工事ができます。


第一種・第二種電気工事士の資格を取得するには、それぞれの試験に合格する必要がありますが、試験に合格して終わりではありません。第一種電気工事士は、実務経験5年以上(電気関係課程大卒者は3年以上)で免状申請することにより、また第二種電気工事士は、免状申請することにより、それぞれの免状が交付されることになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。